• 電話でのお問い合わせはこちらまで
  • 辰巳園電話番号
  • ホーム
  • 辰巳園のこだわり
  • 会社概要
  • 施工事例
  • 施工までの流れ
  • お問い合わせ
  1. ホーム
  2. > 施工事例
  3. > No.18

完了工事を一つ紹介します。この工事は、この御宅の奥様がいつも窓から眺めて楽しんでおられたモミジに虫害が発生し枯死してしまった事をきっかけに、もう一度庭全体を楽しめるものにしたいと思いつかれました。

要点として、
・奥様は鉢物を趣味に持ち、沢山所有されていたので、これを庭内に飾って楽しめるものにすること。
・御主人が自身で庭作りを楽しんでおられた頃に集めた石材を再利用すること。
・御主人がもうすぐ車椅子の生活になるので、通り易い通路を設けること。
・以前のように窓から眺めて楽しめる庭が欲しい。
・既存のものを活かし、あまり大々的な改造はしない。
などを考慮し、提案を進めました。

窓から眺める庭部分は当初、枯れたモミジの木を活かして何か出来たらという要望もあり、枯木にフジを巻きフジ棚を設けようと考えましたが、見れるまで時間が掛かり、枯木もいつか腐蝕してしまうなどの問題で、枯れたモミジを思い起こせるような近いイメージの同木を植えることにしました。
その他、既存のアプローチは敷石で構成されており、車椅子の通行は困難なので、景観の一つにもなるよう土舗装のバリアフリー通路を既存通路と別に新設しました。

2017/5/1 追記・・・

今回の作庭の1番の見所はライトアップです。当初は予定に入っていなかったのですが、施主奥様が陶器製の火袋を持って来られ、「以前、主人が陶芸を趣味にしていた頃の作品で、可能ならば庭内に飾って欲しい。」と相談を受けたので、予定を変更して車椅子で通る通路を照らす照明として使用することにしました。

庭内に違和感無く配置することや、規制品ではないので、配線を隠す工夫、照明器具の取付けにも苦労しましたが、結果、思っていた以上に美しいライトアップとなり、とても喜んで頂けました!

その他の施工事例も見てみる

  • No.02
  • No.07
  • No.11
  • No.13
  • No.15

ページトップへ

  • Copyright (C) 2016 tatsumien All Rights Reserved.